MENU

プラセンタってどんなもの?

プラセンタ注射のメリット・デメリット

美容成分として有名なプラセンタですが、今は様々な効果が確認され病気の治療薬としても使われるようになりました。
日本で許可されているプラセンタ注射は「ラエンネック」と「メルスモン」の2種類あって、どちらも人の胎盤由来です。
医療機関でのみ処方してもうらうことができます。
厚生労働省の認めた薬剤とはいえ、胎盤を注射して本当に安全なのだろうか?危険はないのだろうか?と気になりますよね。
正しい知識を得て自分に合った選択が出来るように、プラセンタ注射におけるメリット、デメリットを知っておきたいと思います。

プラセンタ注射のメリット

まず、プラセンタの医学的効果として更年期障害や乳汁分泌不全の緩和、肝障害の改善があります。
その他にも、様々な効果が期待されています。

・美肌効果
・自律神経やホルモンの分泌を調整
・細胞の修復作用がある
・抗アレルギー作用がある
・抗炎症作用がある
・免疫力を高める
・肝臓の働きを高める
・活性酸素を除去する

このような効果を得るためにはプラセンタ注射はとても有効とされています。
具体的には、疲れにくくなった、お肌がつるつるになった、シミやシワが薄くなった、夜ぐっすり眠れるようになった、肩こりがなくなったなどのメリットがあるようです。
注射の場合、皮下注射と筋肉注射の2種類となりますが、経口ではなく直接血管の中にプラセンタが入るので即効性があります。

どちらも、皮下、筋肉へプラセンタを注入するので、ゆっくりと血管に流れるようになり副作用の緩和と効果の持続性があります。
消化吸収を経ないので無駄がなく効率的に栄養成分を取り入れることができます。

また、更年期障害、肝障害の診断があれば保険適用となり、安価な料金で受けることができます。

プラセンタ注射のデメリット

そのような美容、健康効果の高いプラセンタ注射ですが、やはり副作用などのデメリットもあるようです。

・プラセンタ注射はどちらも人の胎盤から抽出されていますが、安全のために高温熱処理がなされているので、有効成分が壊れ、かなり減っているおそれがあります。

・重篤な副作用ではありませんが、たまに「悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹」が起こるようです。

・プラセンタ注射薬は「たん白アミノ酸製剤」であるためにアレルギー反応が起きたり、ひどいとアナフィラキシー症状も出ることがありますのでアレルギー体質の人は気をつける必要があります。

・プラセンタ注射を受けた人は献血ができなくなります。
これは、胎盤には病原体が侵入するかもしれない危険性があるため、検査や加熱処理を通じて感染症の危険は取り除かれていますが、そのリスクを完全に排除することができないためです。
現在、プラセンタ注射が認められて40年程になりますが、プラセンタ注射による感染症は報告されていません。

・プラセンタ注射は医療機関でのみ処方してもらうことが出来ます。
頻度として、初めは週に2〜3回注射を受けることになるので度々病院に通う必要があります。

・価格は1アンプルが1000円〜2000円ということもあり、量にもよりますが、月にかかる費用が美容目的の場合保健が適用されず10000円〜20000円と高額になることがあります。

・ラエンネック、メルスモンのどちらも静脈注射や点滴は認められていませんが、クリニックによっては守られていない所もあり、どちらも急激に血液に注入することになるので作用が大きく、合わない場合の副作用もひどく出てしまうという例が報告されています。

プラセンタ注射は慎重に

プラセンタ注射のメリットを見ますと、体質の根本的な改善も期待でき、なによりも美しく健康になるというのは魅力的です。
しかし、デメリットもありますので、本当に必要なのか、自分に合うのかをしっかりと見極める必要があります。

医療機関でプラセンタ注射を受けるときも、定期的な検査を行い、自分で体調を管理して、慎重に選びたいですね。
これを機にプラセンタで健康生活はじめてみませんか。