MENU

プラセンタってどんなもの?

プラセンタの歴史

プラセンタは美容に意識の高い人たちの間では有名ですが、まだ世間ではあまり知られていないものです。
最近できた新しいもののようですが、実はその歴史は古く紀元前にまでさかのぼり、古代ギリシャの医師、ヒポクラテスが治療に用い、古代エジプトのクレオパトラも愛用していたと伝えられています。

中国では秦の始皇帝が使っていた

中国でも紀元前、秦の始皇帝が胎盤を不老長寿の妙薬として使用していたといわれています。
唐の時代には、「本草捨遺」という漢方の書物に胎盤は「人胞」または「胞衣」という名前で記され、絶世の美女で有名な楊貴妃も使用していたといわれています。
明の時代には、「本草網目」という薬学の書物に「紫河車」という名前で載っています。
紫河車は今のようなエキスとしてではなく、胎盤を乾燥させて粉にして使用する漢方薬として使われおり、それは現在でも使用されています。

日本では江戸時代に伝えられている

日本では江戸時代、加賀の三大秘薬の「混元丹」の中に紫河車として用いられています。
そのころから滋養強壮、不老長寿の薬として使われていたようです。
日本の風習として、出産の際にへその緒を保存しておくことがありますが、これには子供が大病を患った時に煎じて飲ませると良いという言い伝えがあります。
日本においても昔から胎盤の重要な効果が信じられていたといえます。

近代のプラセンタの始まり

1930年代に旧ソ連のフィラートフ博士が「組織療法」を発表しました。
これは病気の患部の皮膚の中に冷蔵保存しておいたプラセンタなどの別な組織を埋め込むという方法です。
これによって、治癒のスピードが上がり、身体の機能が活発になるということです。
この「組織療法」が日本に伝えられ、1950年に組織療法を研究していた医師たちによってプラセンタエキスの開発がおこなわれました。
この時期に、現在使われている更年期障害の治療薬「メルスモン」が誕生し、同じ頃別のルートでもう一つの肝機能の治療薬である「ラエンネック」が開発されました。
戦中戦後には、栄養不足の乳幼児や母体のためにプラセンタを活用出来ないかと研究され、「ビタエックス」という薬剤が開発されています。
ビタエックスは1955年以来、現在もドリンクや錠剤などの形で販売されています。

現在のプラセンタ

日本に伝えられて以来、開発を積み重ね抽出技術も発展し、人の胎盤以外にも馬、豚、羊などの動物の胎盤からもプラセンタエキスを抽出することが可能になりました。
注射薬の他にサプリメント、化粧品、ドリンク、シャンプーなどにもプラセンタが使われています。
プラセンタ効果の医学的な根拠はまだ明確には解明されていませんが、長い歴史の中で様々な効果が確認され、現在も研究が続けられています。
今後、身体におけるプラセンタの効果のメカニズムが明らかになってくると思われます。
まさに神秘の妙薬として遥か昔から現在まで長く愛用されているのがプラセンタです。