MENU

プラセンタってどんなもの?

植物性のプラセンタ

植物性プラセンタとは、植物由来のプラセンタのことです。
美容成分として有名な動物性プラセンタは動物の胎盤から抽出したエキスですが、植物には胎盤は存在しませんので、胎盤と似た働きをする「胎座」という部分から抽出したエキスになります。
胎座は、植物の種の周りの部分のことで、種が発芽し芽を育てるための豊富な栄養素を蓄えているため、動物性プラセンタが持つ栄養成分と同じような成分が含まれています。
動物の胎盤と同じく胎座も英語ではプラセンタと言うので、植物の胎座から抽出したエキスということで植物性プラセンタと呼ばれています。

動物性プラセンタとの違い

同じプラセンタといえども、含まれる栄養素には違いがあります。
植物性プラセンタの栄養素はアミノ酸、ビタミン、ミネラル、抗酸化成分と、肌を健康にする成分はしっかりと含まれています。
しかし、動物性プラセンタの特徴である成長因子(グロースファクター)は含まれていません。
成長因子は、細胞の分裂を促す働きがあり、新陳代謝が活発になったり、細胞が活性化されたり、新しい細胞を生み出したりすることができます。
しかし、植物性プラセンタにはそれがないため、成長因子のような健康効果、若返り効果、いわゆるアンチエイジングの効果は期待できません。

どのような効果があるのか

では、植物性プラセンタにはどのような効果があるのでしょうか?
含まれている栄養素から、美容効果が高いことがわかります。
アミノ酸の成分量は動物性プラセンタを上回る程で、シミやくすみを抑制するメラニンを抑える力は植物性プラセンタの方が強いことが試験結果にも出ていることから、美白、シミ対策としての効果は非常に高いです。
抗酸化成分も含まれていますので、お肌にハリを与えたり、保湿効果も期待出来ます。
原料が大豆の場合は、その中に含まれているイソフラボンの効果として、女性ホルモンに似た働きも期待出来ます。
アンチエイジングの効果はありませんが、美肌効果としては動物性プラセンタと何ら変わらない効果があるといえます。

植物性プラセンタの原料は?

一般的に利用されているものとして、ライ麦、大豆、トウモロコシ、クロレラ、アロエ、カッコン、バラ、メロンなどがあります。
植物性プラセンタは、一種類からだけでなく、複数の植物から抽出した成分を混合して作られることもあります。

植物性プラセンタの安全性は?

安全性は非常に高く、動物性プラセンタと違い感染症などのリスクは全くなく、献血が出来なくなるということもありません。
農薬や有害物質のリスクも非常に低く、製造工程で成分が破壊される程の処理を必要としません。
しかし、植物性故に、その植物に対するアレルギーを持っている人は注意が必要です。
ライ麦や大豆などはアレルギーを持つ人も多いので、様子を見ながら摂取することをオススメします。
海外では、宗教上、動物性が摂取出来ない方にも安心ということで人気が高くなっています。

効果は劣るが、安心できる

このように動物性と比べると効果は劣るのですが、動物性に不安を感じる人や、アレルギーがあり摂取出来なかった人にとっては、安心して美容効果を期待出来るサプリメントとなります。
プラセンタを摂取するというよりも、美容成分が豊富なサプリメントとして、美容目的で摂られることをおススメします。