MENU

プラセンタってどんなもの?

プラセンタと睡眠の関係性

美容目的でプラセンタを飲み始める人が多いのですが、実は最初に最も多くの人が実感しているのが睡眠の質が上がるという効果です。
ぐっすり眠れるようになった、寝付きがよくなった、朝にスッキリ目覚めることができるようになったなど、プラセンタによる睡眠の変化は様々あります。
また、それとは反対に、プラセンタを飲み始めて眠りが浅くなった、寝付きが悪くなったなど、眠れなくなったという人もいるのです。
プラセンタと睡眠の関係性にはどのようなものがあるのでしょうか? なぜプラセンタを飲むと眠れるようになったり、眠れなくなったりするのでしょうか? プラセンタの体への作用、睡眠との関係性をお伝えします。

プラセンタで睡眠の質が良くなる理由

プラセンタには豊富な栄養素が含まれており、それらを体内に取り入れることで細胞の活性化を促し、体の機能を整え、向上させることができます。
その中でも睡眠と関係しているのが、自律神経調整作用、内分泌調整作用です。

自律神経調整作用

自律神経の乱れを調整し、バランスを元に戻します。
睡眠障害のある人は、交感神経が優位な場合が多く、プラセンタによって自律神経が正常に働くようになると、副交感神経がしっかりと働くようになります。
そのため、体がリラックスしやすくなり、昼間に働いている交感神経から、夕方から夜にかけて働く副交感神経への移行もスムーズになり、夜に眠気を起こし眠りにつきやすくなります。

内分泌調整作用

睡眠にはセロトニンと呼ばれるホルモンが関わっています。
セロトニンがきちんと分泌されていると睡眠の質が上がります。
反対にホルモンのバランスが乱れ、正常に分泌されていない場合は睡眠の質が下がってしまいます。
プラセンタのホルモンのバランスを整える作用で、必要なホルモンがしっかりと分泌されるようになり、睡眠の質が上がります。
また、自律神経が正常に働けるようになるのもホルモンによるものなので、自律神経を整えることと相乗効果で睡眠の変化が起こります。

プラセンタで眠れなくなる原因と対処法

反対に、プラセンタを飲み始めて眠れなくなった場合は、いくつかの原因が考えられます。

・もともと副交感神経が優位だった場合、自律神経が整うことで交感神経が働き始め、体を覚醒させてしまう。

・豊富な栄養素が体に入ることで興奮状態になる。

・自律神経が整う過程で体が変化をし、まだ慣れていない状態で落ち着いていない。

このように、眠れなくなることもありますが、これらは飲み始めに多く、体が慣れて落ち着いてくると眠れるようになります。
対処法としては、寝る前に飲んでいる場合は朝に起きてから飲んでみること、今飲んでいる量を減らすことがあげられます。
まずは夜にしっかりと寝ることが大切ですので、対処をしながら様子を見るのがいいでしょう。

最近ではパソコンやスマホ、テレビなどを寝る前に見ることで、脳が覚醒し、睡眠を妨害することもあります。
これらの多くはホルモンや自律神経に大きく関わっています。
体内で分泌されるホルモンによって自律神経が作用し、副交感神経が優位になり、脳をリラックスさせたり、体温や血流を下げたりして体を眠りやすい状態にします。
上記のような原因でホルモンの分泌や自律神経が乱れているようならプラセンタをはじめてみましょう。

このように、プラセンタによって睡眠の質が上がるということが分かってきましたので、医療機関でも睡眠導入剤よりも副作用がないプラセンタの効果が期待されています。
プラセンタには精神を安定させる作用もありますので、睡眠障害がある方はまずはプラセンタを飲んでみられることをおすすめします。
あとは規則正しい生活を心がけるのも大切ですね。